【中国語学留学】留学前に読んでおいて欲しいブログです。その②

前回に続いて留学前に一読して欲しいブログ。その①の続編です。

前回同様今回も留学生活の中で体験して感じた事を書いてます。

七浦路(チープールー)服飾市場に行ってみた

私が留学前に準備した物は最低限必要な物だけにしました。荷物にもなるし、現地で調達出来るものは現地でという事で、現地でいろんな物を買いました。

一番よく行ったのが、上海外国語大学近くのカルフールです。カルフールに行けばたいていのもは揃いますよ。おすすめです。

携帯電話、自転車、髭剃りや日用品や食料を買ってましたね。

自転車は、すぐ錆び付きましたね。でも問題なく走ります。

実際チープールーに行ったのは、留学生活にも慣れてきて、韓国人のクラスメートに勧められ行ってきました。

このチープールーとは、服飾関係の問屋街です。いろんな物が安い値段で手に入りますよ。なかには偽物を売ってる人もちらほら。

中国では値引き交渉は当たり前ですが、こちらのチープールーでは積極的にやっていきましょう!

これは本当にショックでした。みなさんも気を付けて!

上記のチープールーで買い物した時のお話です。

スニーカーは日本から一足しか持って来てなかったので、そろそろもう一足欲しいなぁって思ってチープールーに買いに行きました。

好みのものが見つかったので、試着させてもらいました。ここまでは良かった。

サイズが合わなかったので、サイズ違いのものはありますか?と質問したらすぐ探しに行ってくれました。がしかし、なかなか帰ってきません。

しばらくしてサイズ違いのものを持って来てくれました。なんか時間を取らせてしまい申し訳ないなぁって思ってました。感じの良い店員さんだなぁとかも思ってました。

そしてこのサイズ違いも試着させてもらい、ちょうどよかったので買う事にしました。

買い物を終えて家に帰ってすぐに、購入した靴を取り出し履いてみました。すると!なんと!何が起こったと思いますか?

左右の靴のサイズが違ったんです。試着した方と反対側の靴は違うサイズを入れられいたんです。

ガーン!まさか!こんな事ある?

試着は普通、片方の靴だけでしますよね?日本では。

サイズが違う方の靴をよく見たところ、サイズのシールが上から二重で貼られてました。つまりシールだけ左右一緒で実際のサイズは違う。。。。

ここでふと思いました。サイズ変更をお願いした時に帰ってくるのが遅いなぁって思っていたのは、こういう細工をしていたんだな!?って。やられた!親切な店員さんだと思っていたのに!!

という事で、こういう事もありますので、靴を購入される際の試着は両足しましょう!

特にこういう問屋街というか安いものを購入する場合は注意しましょう!笑

んー、情けない。笑

お金を払っても売って貰えない事がありました

上海のコンビニで買い物した時の事です。

お目当ての商品をレジに持って行き、お金を支払いました。

すると店員さんに小銭はあるか?と尋ねられました。あいにく持ち合わせが無いことを伝えるとつり銭が無いので売れないと言われました。

結局買えないままトボトボ帰りました。

「お釣りはいらないよ」って言えなかった。

中国人の友達に会った時に今回の事を話してみると、よくある話みたいでした。

こんな事もありますので、コンビニや小さな小売店、屋台で買い物をする時は小銭の用意があった方がいいかもですね。店員さんを怒らないでくださいね。

お金をせがまれる

前回の地下鉄のマナーの改善の記事にも通じるのですが、

こちらは前回の記事です。【中国語学留学】留学前に読んでおいて欲しいブログです。

地下鉄の車内で、小銭が入ったカップを持って歩きまわってる人を見かけた事があります。小銭が入ったカップを乗客の前で何回か上下に振り、その中にお金をいれてって感じの動作をしてまわってます。こういうのは、地下鉄の車内以外でも見かけます。

また地下鉄の車内で何かを売りつけようとする人もいました。

また、都心部の繁華街では、親が小さいわが子に、花を持たせて観光客に売りに行かせてるのも見かけます。

お金をせがまれた時の失敗談

これは上海に語学留学に来て間もない時(1週間も経ってないくらい)の体験談です。

上海の外灘付近で日式焼肉を食べた帰りの事です。

上記にも書いたような、お金をせがんでくるホームレス風の人に、お金を渡しました。善意の気持ちで渡したのです。そしたら大変な事になりました。笑

それを見ていたお金をせがんでくるホームレス風の人たちが、あちらこちらからわたしの方に集まって来出したので、怖くなって慌てて逃げるようにタクシーに乗り込みました。

その乗り込んだタクシーの窓が少し開いていたのですが、そこからそのホームレス風の人たちが手を突っ込んできて大変怖い思いをしました。

良いことをしようと軽い気持ちでした事が逆に怖い思いをして、なんか後悔するはめになりました。こっちは軽い気持ちだけど、相手は真剣なんだなって。死活問題なんだって。あとで気づきました。

みなさんはよく考えてから対応してくださいね。わたしのような失敗はしないようにしてくださいね。

まとめ

今回も留学時代に実際に経験した事を書いてみました。皆様の参考になればと思います。

前回の記事はこちら↓↓↓

【中国語学留学】留学前に読んでおいて欲しいブログです。その①

【中国語学留学】留学前に読んでおいて欲しいブログです。その①

今回は、はじめての留学生活でいろいろ経験した事などについて書いていこうと思います。外国で生活して感じた事は、当たり前ですが、全然日本と違うなぁっていうのと、日本ってやっぱりいいなぁって事でした。

地下鉄の車内で見た驚きの出来事

上海の地下鉄って凄い普及しているので、めっちゃ便利です。ホームも安全な感じで、留学前に漠然としたイメージとは全然違っていい感じでした。

で、車内はというと?車内もすごく発展していましたね。

そんな車内でみたものを書いていきますね。

とその前に先月こんな記事を拝見しました。

中国で来年4月以降、地下鉄車内での飲食など「野蛮な行為」を禁止するルールが施行されることになった。座席の上に立ったリ、音楽をスピーカーで流したり、寝そべったりする行為も禁じられる。(CNNのニュースより抜粋)

この記事を見て中国の地下鉄で僕が体験した事をいろいろ思い出しましたので、書いていこうと思います。

わたしが満員電車に乗ってた時の事ですが、ちょうどわたしの前にいた男性が、スーツの胸ポケットから何かを取り出して口にいれ、カスみたいなものをスーツの内側の胸ポケットに吹き出していました。

吹き出すというか、スイカの種を口から飛ばす行為に似てましたね。

はじめは何が起こっているのかわからず、とりあえず観察してると、ピスタチオかな?とか思っていたのですが、もう少し小さく細かい感じでした。

やっとわかりました。ひまわりの種でした。

小学校くらいの時に見ましたが、普段はあんまりみないですよね?食用のひまわりの種があるようです。ひまわりの種を食べた事がなかったので、中国では一般的だと聞いた時はびっくりしました。

電車の中で食べている事にもびっくりしましたし、ひまわりの種だと知ってまたびっくりして、食べ終えた殻を上手に胸ポケットに吐き出していたのにもびっくりしましたね。

でも、わたしが中国にいたころは、車内で飲食しているのはよく見かけましたので今回のニュースで地下鉄のマナーが大きく改善されていくんだなぁって思いましたね。

気になる衛生面について。飲食店での出来事

ここでは、中国で知り合った中国人の友達が、飲食店でやっていた事を書いていきますね。

留学生活が進んでいって、いろんな交流会などを通して、中国人の友達も増えてきてみんなで食事に行く機会も増え、いろんな事を教えて頂きました。でもこの内容はすごく個人差があると思いますので参考までにしてくださいね。

わたしが見たこと。

まずテーブルにおいてる紙ナフキンを取って、お皿やグラス、お箸をふいてました。一番徹底していた友達は、テーブルに肘を置く時に肘とテーブルの間にも紙ナフキンを敷いてました。

お箸やグラスをふいてるのはよく見かけましたが、外国人とよく交流しているからかもしれないですが。一般的なのかどうかはわかりません。綺麗にこしたことは無いので別にいいですが、日本ではあまり見かけないので、びっくりしましたね。

また、この手の話で似ているのがあります。それは、

缶コーヒーを買って飲む前も、缶をふいてました。飲み口などをふいてました。わたしはそれを見て以来何度かふいてみたことろ、汚れている時もあったので、ふいた方がいいかもしれませんね。

お金について。不快と思う出来事と遭遇します

ここで言うお金とは、紙幣や硬貨の事です。

結構中国の紙幣はしわくちゃの状態の物が多いんですよね。中国だけじゃなくて、外国の紙幣はしわくちゃが多いのかなぁ。

日本人の方が中国に行って何か支払をした時は、必ず不快に思う出来事と遭遇すると思います。

それは、紙幣で支払をした時に、その紙幣をめっちゃ見られます。お札の透かしの部分を特にめっちゃ見られます。偽札がどうか真剣に確かめられます。それが一般的なようです。

日本では特別な場合をのぞいてなかなかお客様の前ですかしを確認するような事はないですよね。だからはじめは不快に思ってしまうかもですが、不快に思わないでくださいね。

偽ものが多く出回る中国では必ずしないよいけない事なんですね。

お金の受け渡し。投げられた?

日本でスーパーなので買い物に行って、レジで支払をしておつりを渡される時の事を思い出してください。

おつり放り投げられる事はまずないですよね?

レシートの上につり銭をのせて両手で丁寧に渡してもらえますよね?

中国ではちょっと違うんです。丁寧に渡される事に慣れている日本人にとっては、こちらも不快に思ってしまう可能性があります。

決して放り投げてるわけではないのです。でもそう感じてしまうかもですが怒らないでくださいね。商習慣の違い?ですかね。

ぼったくり?

よく外国にいったらぼったくりにあったとかよく聞きますよね。お隣の国中国でもよく聞きますよね。でもわたしは留学期間中一度も被害を受けなかったです。

逆にタクシーにのったら、遠回りをされたわけでもなく、道を間違えられたわけでも無いのに、おまけをよくしてもらいましたね。

運が良かっただけなのかもしれませんがね。

まとめ

今回の記事は全て実際の体験談ですが、個人差があると思いますので、参考までにしておいてくださいね。続編も考えてますので、また読みに来てくださいね。

【中国留学ブログ】留学前の不安あれこれ。その①授業はどんな感じ?全く中国語がわからないけど大丈夫?