【中国留学ブログ】留学前の不安あれこれ。その②交通事情、タクシーの乗り方、生活音など

授業に関する不安やその他の体験談についてはこちら

タクシーの停め方

中国でも日本とほぼ同様にタクシーを利用できますよ。何点か違うところがありますので書いておきますね。

まず、日本でタクシーを呼ぶときは、手を真上にあげて呼びますねよ?中国では、真横に伸ばして呼んでいるのをよく見かけます。もちろん、片方の手だけです。

タクシーの台数も多いですが、人口も多いので取り合いになる事も多々あります。特に雨の日になると停めるのが難しいですよ。

緑色のランプで「空車」と光ってるやつは、日本と同様停めれますのでチャレンジしてくださいね。料金も安くおすすめです。

タクシーに乗る時は、左ハンドルで右側通行なので、右側から乗ってくださいね。一人だと助手席に乗ってるのもよくみかけますし、中には相乗りもあるみたいです。

中国のタクシーで行先を伝える時は、〇〇路×〇〇路という感じで、道路と道路の交差点までという感じに伝えるのが一般的です。

一度終電を無くしてしまい、バイクのタクシーを利用した事がありました。バイクのタクシーは今まで利用した事もなく不安しかなかったです。どこか変なところに連れて行かれるんじゃないか?とかぼったくられたりするんじゃないか?とか。

不安とは裏腹に、値段も交渉する事が出来ましたし。行先までの道中でわざわざドライバーの家までいったん寄ってヘルメットまで取ってきてくれました。ドライバーの家付近に入って行った時は、拉致されるんじゃないか?とか思ってました。

この当時も中国語があんまりわかってなかったので、かたごとでのやり取りでしたの怖かったですが、親切に対応してもらい、無事送り届けて頂きましたよ。

交通事情について

日本と反対側通行で、右側通行です。車は左ハンドルです。

横断歩道を渡る際は、赤信号でも右折してきますので、十分に左側からくる車に気を付けてくださいね。右折可で曲がってきますので。

わたしも一度、バスに足を踏まれた事がありますよ。全然大丈夫でしたが。笑

車が優先とか歩行者が優先とかいう前に兎に角気を付けてくださいね。

また、上海や北京は渋滞がすごくて、時間や曜日によっては通行禁止になる車両がございます。ナンバープレートによって通行できる車両が制限されるようですよ。中国で車の運転をすることはあまりないとは思いますが、豆知識としておぼえておいてくださいね。

自転車やバイクも多いですね。自転車は自転車通行専用レーンもありました。

中国の多くの原付のようなバイクは、電動バイクでした。エコですね。

生活音など

わたしは学内の寮ではなく、学校からすこしはなれたところに住んでいたため、比較的にぎやかだったと思います。新しい飲食店が新規OPENするなどのお祝い事にはすごい数の爆竹が鳴らされます。爆音です。

以前、爆竹が原因で北京のテレビ局の高層おしゃれビルが火事になってましたね。現地で見ましたが丸焦げになってました。2009年くらいだと思います。

上海に住んでいた時は、上空を戦闘機がよく飛んでいましたので、こちらの音も聞きなれず爆音でしたし、戦争をイメージしてしまいさみしい気持ちにもなりました。

また、交通量の多いところでは、車やバイクのクラクションがなりやみません。これもなれるしかないですね。

黄砂など

わたしが上海で生活していた頃は、空気が澄んでいる感じはなかったものの黄砂のようなものも感じる事はなかったですよ。聞くところによると北京の方が黄砂の影響を受けやすいって事でした。

北京にも2か月間留学していましたが、特に黄砂を感じる事はございませんでした。ほかの方の話を聞いてると黄砂がすごいと言ってましたので、わたしの留学期間中はたまたま大丈夫だったのかもしれません。

テレビニュースなどでも放送されてますので、黄砂の対策もしていく事をおすすめしておきます。

上海についてすぐのころ、空気が悪いんじゃないかとマスクをしてましたが、マスクをしているのは私くらいでした。変な目で見られてました。笑

現地の人もマスクをしているのを見たことがありますが、黒色のマスクや柄付きのマスクをしてましたよ。

一応現地の方も対策をとってたのかもしれません。

まとめ

わたしは中国に行くまで、あんまり調べずに行きましたがなんとかなりました。日本とは違う異国の地の文化を楽しんでくださいね。

では、このへんで!

授業に関する不安やその他の体験談についてはこちら

【中国留学ブログ】留学前の不安あれこれ。その①授業はどんな感じ?全く中国語がわからないけど大丈夫?

留学する前はわからない事ばかりで不安がいっぱいですよね。わたしの留学生活で体験してわかった事など書いていきますね。

授業は、中国語?英語?

わたしはまったく中国語を話せないまま留学しましたので、入門クラスからのスタートでした。授業は基本的には中国語でされますが、講師によっては英語を使います。特に入門クラスは英語を使われるケースが多いかもです。

私のクラスも実際英語での授業でした。英語も苦手なわたしは中途半端にわかる英語の方が逆に勉強しにくかったです。英語をもう少し勉強しておけばよかったと後悔しました。

でもだんだん中国語の授業にもなれてきて理解しだすので、全然心配しなくて大丈夫ですよ。

クラスメイトは、ロシア人、タイ人、日本人、インドネシア人、韓国人、日本人、コロンビア人、カザフスタン人がいてました。みんな英語での授業が分かりやすかったみたいです。

入門クラスの同級生とのコミュニケーションは、主に英語ですので、英語ができる方は羨ましかったです。



日本人は嫌われる?

中国では日本人が嫌われたりするのかな?ってはじめは不安でしたが、留学期間中に差別など受けたことは一切なく(厳密には一回だけありましたが大した事じゃなかったです。)、どこから来た?ってよく聞かれましたが、日本からと伝えても全然問題なかったです。

むしろフレンドリーに、知ってる日本語で話しかけられたりしたので、安心できました。

わたしは学校内の寮じゃなく、すこし離れたローカルエリアで住んでましたが、みなさんとてもよくしてくれて、本当にいい思い出です。

コンビニやファーストフードはあるの?

コンビニやファーストフードは結構ありますよ。日本のローソンやファミリーマートもあるので、おにぎりやおでんなんかも売ってますので安心ですよ。おでんは串にささって販売されてましたよ。

コンビニでお会計の時に袋は要るか?って聞かれます。当時は中国語がわからなかったので、とりあえずわからず返事してたら、袋に入れられますが、その袋が有料だったことに気づいたのはだいぶ先の事でした。

ファーストフードは、マクドナルドやケンタッキー、スターバックス、吉野家などいろいろありますよ。私の大学の最寄り駅にケンタッキーがありました。となりの駅にはバーガーキングもありましたよ。

はじめは食事に抵抗があったので、よくファーストフードに通いました。安定のおいしさですし、中国ならではメニューもありました。ファーストフードのポテトにはケチャップがついていて、ケチャップ好きのわたしには嬉しいかぎりでした。

公衆トイレは有料?上海火車駅のトイレは衝撃的

中国に行く前に公衆トイレは有料と聞いてましたが、有料のところもあれば無料のところもありましたよ。有料のトイレは入口付近に、管理人みたいな人がいてその人に支払いました。

日本と違って使用済みのトイレットペーパーは流せませんので、備え付きのごみ箱に捨ててくださいね。これもなんか慣れないですよね。

一番衝撃的だったのでが、国鉄の上海駅です。すごい行列なんです。乗降客数がすさまじく中国全土から人が集まってますので、マナーのレベルもさまざまでした。なんと行列の先頭からトイレの個室が覗けるくらいのドアの大きさなんです。

外国では下が大きく開いてるのは見たことありますが、上も低いのは初めてで戸惑いました。まるで見られながら用を足すみたいな感じで落ち着いてできませんでした。笑

トイレはどこか違う綺麗なところで済ませるのをつよくお勧めします。笑

タバコ事情は?中国のたばこでおすすめは?

中国に行く前まで禁煙していたわたしは、中国で誘惑に負けまた吸い出してしまいました。中国でこんな事がありました。一人の人がたばこを吸おうとした時に自分の分のたばこを取り出すと、ほかの人の分のたばこを差し出して配ってくれるのです。

一人で吸うのではなくみんなで吸うって感じです。韓国でお酒を飲むときも、一人でのむんじゃなくて、都度乾杯して飲むみたいなところに出くわした事もありますね。そんな感じでたばこを進められたわたしは、郷に入っては郷に従うという事でお断りせず頂きました。これが喫煙再開のきっかけになりました。笑

日本のたばこは高く売られており、偽物も出回るようです。なので、中国の安いたばこで日本人にもおすすめなのが「中南海」です。中国のたばこはなぜかニコチンが少ないほど値段が安く、ニコチンが多くなるほど値段が高くなります。不思議な感じですよね。

たばこは身体に悪いのでやめましょうね。

まとめ

留学前の不安は日本にいる間に、インターネットを通じていろいろ調べれて解消できますが、実際現地にいかないとわからない事も数多くありますよ。それも楽しみの内の一つだと考えて、あまり神経質になって考えすぎないようにしてくださいね。

では、この辺で。